無線山のさくらまつり(04年)



(040330)

 今年も恒例のKDDI無線山の桜並木が「開放」されます。開放とは、普段は車などで乗り付けても入れないようになっている並木を、この時期に施錠をはずしてくれることを意味します。

 3月27日から4月4日までの午前10時から午後8時まで一般開放されています。大型照明や各種屋台もあります。
 例年のように午後6時から照明が点灯、もちろん夜桜も楽しめます。



 ただし、04年度から下記の理由により駐車場の料金が300円徴収されています。(徴収時に受け取る用紙の全文をそのまま掲載します。前向きに理解し協力したいと思います(いえ、すでに協力しました))
(04/03/27)




 無線山は昭和9年に小室受信所が開局その広大な敷地には、クヌギ、コナラ、アカマツなど樹木が茂り、たくさんの野鳥が住む、自然豊かな場所です。中でも桜並木は受信所開局当時に植えられ、伊奈の桜の名所として、開花時期には 一般に公開され住民の憩いの場所 として親しまれています。

 この桜並木も樹齢70年以上と言われ年々樹勢の衰えが目立つようになり、最近の樹木調査では、桜の大敵として知られている「テングス病」に感染したものが、発見され早急の対処が必要な状態となっています。

 しかし 桜を保護育成するためには、膨大な費用が必要のため 財政的に大変厳しい状態となっています。このままでは樹勢の衰えに加え、病気のさらなる感染は「無線山の桜並木」の存亡に係わる事態と考えられます。

 町観光協会では、この桜の名所としての桜並木を保護育成に協カすることを目的とし、保全育成協カ金を徴収することにいたしました。この趣旨に御賛同頂き 皆様のご協カをお願い申し上げます。




伊奈南通信  トップページへ