さざんかの花を食べるヒヨドリ



  


 毎年2月から3月の、小さな庭の光景です。

 ヒヨドリがサザンカの花を盛んについばみます。白い花もあるのですが、赤が好みのようで、入れ替わり立ち代りやってきます。

 サザンカは、毎年のように旺盛に花を咲かせ散らせているので、いつも静かに見守っていてあげていますが、当の本人たちは、周囲に忙しく注意を払っていて落ち着きません。

 この光景は出先でも時々見かけます。このごろ、カラスと同じように、ヒヨドリが増えて感じられるのは、何でも食べるこの生命力からなのでしょうか。



伊奈南通信  トップページへ