綾瀬川に美しいカワセミが飛ぶ


伊奈町ジョギングロード(綾瀬川)で発見





 伊奈町ジョギングロードについては別項で紹介していますが、その歩行者専用道路は、 護岸工事のしていない自然のままの綾瀬川沿いに作られています。普段はマガモの親子や、 セキレイ、ムクドリやスズメ、それに白サギやヨシキリなどの遊び場になっているのですが、 1月中旬、ジョギングロードを通っていて、(記憶にある限り)生まれてはじめてカワセミ を見かけました。

 カワセミは、図鑑で見るように本当に綺麗で、ヤマガラの胸の色に瑠璃色のマントを 掛けたような色柄で、思ったよりも小さな鳥でした。くちばしは長く、葦の枝にとまって いました。

 私が近づくと音も立てずに枝から離れ、川面から10センチくらいの間隔のところを、 羽根を広げたままスーッと飛んで2.30メートルの土手の葦にとまります。また近づく と同じことを繰り返します。飛行の姿は白鳥を小さくしたような格好で、妙に愛らしい 感じです。

 こんなことを2.3回繰り返している内に見失ってしまいましたが、ホントに美しい鳥 でした。カワセミは水中が見えない川には住まないと聞いています。綾瀬川が護岸工事を しない、いつまでも自然浄化を保った川であって欲しい、と消えてしまったカワセミを 想い、その場で願っていました。


関連の 伊奈町ジョギングロード のページ


伊奈南通信  トップページへ