京都で発見してしまった、壮大なイルミネーション
「ローム」の夢
 2003年12月






 出張でたまたま通りかかった京都右京区の「ローム」という会社の、毎年恒例のイルミネーションだそうです。
 社内の約60本のケヤキなどに、45万個もの電球をキラキラと輝かせます。黄金色の「まばたき」です。しばらくは、声も出ずに見とれていました。
 大通りに面したモニュメント(山桃の木)の電飾は、頂点の☆から下に伸びる数本の帯の色が七色に幻想的な変化をします。自社製のLEDを使っているとのことですが、このモニュメントが“黄金色”にアクセントを付けます。



    


 一般客にも構内を開放し、駐車場もあります。「ローム」さんには、ホントにご苦労様と言わせていただきます。
 (04年には63本の木々に46万個、05年には70万個の電飾が施されるとのことです)



飾りつけはケヤキ主体ですが、他の木々ももちろんお化粧されます



地元では有名らしく、平日にもかかわらず多くの人手で賑わっていました


場所は・・・京都市右京区西院溝崎町21

ロームとは・・・http://www.rohm.co.jp/



伊奈南通信  トップページへ