越生 五大尊とツツジ園





日本三霊地のつつじ園は見どころイッパイ




 越生町の五大尊(黒岩長徳寺)のつつじ園は、5月の連休は大変なにぎわいです。

 1700年代に寺に使えていた僧侶が植えたのがはじめと言われ、多くの種類が植えられたので「五色のつつじ」と呼ばれているそうです。
 境内には樹齢350年以上ものツツジが多数あるとのことで、敷地内のつつじ公園には、100数種類1万株のつつじが植えられています

 案内板にかかれている日本三霊地とは、広島の厳島、神奈川の蓑毛、そしてここなのだそうですが、日本には各所に三霊地があるので、どのようなものなのか詳しくは分かりません。
(0405)





 つつじは、山の斜面など険しい場所に植えられているので、下から見上げると野球場のスタンドのようにすべてが見渡せ、パノラマ状態になり圧巻です。





 ハイキングの用意がないと歩くのはちょっと大変ですが、気持ちの良い汗のかける観光地です。


問い合わせ・・・越生町観光協会 049−292−3121
        越生町観光案内所 049−292−6783






伊奈南通信  トップページへ