伊奈町の食べ物屋さん(番外編)


明石市 “江洋軒”





 明石駅の南口から東側の通りを越え、アーケード街をほんの少し南に行った左手に 江洋軒 はあります。
 駅近くの商店街も含めてもラーメン屋さんが少ないので、ちょっと徘徊すると目立つ店ではあります。

 周りの客の多くがそうしているので、「中華そば」と「焼きそば」を頼みます。それにしても週末のこの店は途切れることなく超満タンでした。

 ちょっと小ぶりの中華丼でほんの数分で出される「中華そば」は、独特のトンコツ醤油味で、というよりもスープが味噌汁の感覚です。焼きそばが出てくるまで残ったスープを放置しておきましたが、味噌汁のようにゲル状の澱みが出来ていました。味もなんとなく白だしの味噌汁です。

 麺はストレートの細めの玉うどんのように太麺で、モチモチ感はあまり無いので関東で流行っている麺を期待すると間違いになるかもしれません。

 具は、モヤシとバラ肉が少々で、量から考えても「うーん400円かぁ」でした。

 焼きそばは、店の外でもかなりソースの香ばしい匂いがしていましたが、それでひきつけられる客も多いのではないかと想うほど、出てきた品物からもソースの強い匂いがしていました。
 味は、黒糖を使っていると思えるほどソースもとても甘く、スパイシーさはまり強くありません。
 麺はどう見ても「うどん」ですが、焼く際に結構短く切り刻んでいるようで、各所で?寸断されています。これにもバラ肉が入っていますが、野菜は少なく、量も少なく高め感は否めません。





中華そば 400円 (050220)
焼きそば 400円

兵庫県明石市桜町11−15
078−911−3765



おいしいものに戻る



伊奈南通信  トップページへ