伊奈町の食べ物屋さん(番外編)


東大宮駅  “浜利”





 東大宮駅西口を降りて、駅前通りを真っ直ぐ西に200mほど行った場所に 浜利 はあります。
 東大宮はこの周辺でも指折りのラーメン激戦区ですが、駅から出て北国の次の支那そば屋という地の利もあって、多くのお客さんに支持されているようです。有名な麺評論家も褒めたとか。

 名物?のつけ麺がいいのでしょうが、確か以前は日本料理屋さん?だったような気もしましたので、出汁に興味があり、支那そばを頼みます。

 スープの能書きが黒板に書いてありました。“当店では、厳選した(特に赤チョークで強調)、黒豚、地鶏と、海洋野菜、魚介類を合わせ、丹念に仕上げた、ダブルスープ(特に赤チョークで強調)になっております”
 厳選された黒豚と地鶏のスープなのですが、あまりカツンとこないまとまった普通のスープでした。

 中細の縮れ麺は、注文があると手もみをして丁寧に茹でられていました。熟年のご主人は何をするにも優しそうな手つきで、料理を作る静かな気構えが感じられます。

 具には、味のしみ込んだ半玉、メンマ、カイワレ、そしてロースのチャーシューです。


支那そば 630円 (040830)

さいたま市見沼区東大宮4−9−7
048−653−8116

駐車場は店隣に3.4台


おいしいものに戻る




伊奈南通信  トップページへ