伊奈町の食べ物屋さん(番外編)


羽生  “多留満”





 東北自動車道羽生インターから122号線へ出る県道沿いに 多留満 はあります。“青竹手打ち”と看板にありましたので入店です。

 ラーメンを頼みます。

 スープは、甘めであっさりの豚骨、トリガラ醤油味です。にわか作りかもしれませんが、好みではあっても嫌いなほうではありません。

 麺は加水を抑えたと想える完璧な太竹の手打ち縮れ麺です。店の隅に麺打ち台があり、毎日打っている様子がうかがえます。
 手打ち麺は太かったり細かったりするので、茹で加減が相当難しいのではないかと思いますが、スープが程よい熱さだったので途中でのびることも無く、最後まで歯ごたえ良くいただきました。

 半切りの茹玉子、ナルト、ほうれん草、メンマに、厚手のしっかり味の付いた煮豚チャーシューも立派です。

 1日に打っただけの分を売りつくしてお終いの店だそうですが、シャイで愛想があまりないおばさんの、“おいしかったですよ”の投げかけの言葉の後の笑顔が忘れられないお店です。


ラーメン 500円(税込み) (0404)

羽生市北荻島132-2
048−565−2559

駐車場は前に広い


おいしいものに戻る




伊奈南通信  トップページへ