伊奈町の食べ物屋さん(番外編)


蓮田 栗橋線  “一代元”





 伊奈町を貫き北東にのびる県道上尾栗橋線を北上、蓮田市に 入ってしばらく行くとファミレス地帯に入ります。その一番入り口にあるのが、ラーメン 専門店 一代元 です。

 直線道路になって最初の交差点の角地のためか、ドライバーが加速するのでなかなか 止めづらいためか、店の内容がちょくちょく変わっていた一角でしたが、一代元の FC第一番目の店舗として98年にラーメン屋さんに変身しました。
 何回か行くうちに味も内容も当然のように変わってきています。

 (開店当初・・)情報をつかんで早速家族で行きましたが、結構食べられました。何から 何まで頼んで、全部まとめて支払って、話に夢中になって出てきてしまったので、 料金は残念なことに判明しませんが、手頃な値段で澄んだ奥深いスープのラーメンが 楽しめたことは確かでした。この一角の今までのジンクスをはねのけて頑張っていて 下さい、また来ますので。というお店でした。

 同じチェーンの大宮深作店には行きましたが、 現在では、このお店ももちろんリニューアルしています。


 蓮田店は、何人かの知り合いを連れて行くには近くて無難なので、先日も何人かの 身内とワイワイガヤガヤと入店しました。(040313)
 いつも安心してしまうためか、またもや料金やデータを忘れています。
 タンタン麺は、うま辛で結構いけました。




 

おいしいものに戻る




伊奈南通信  トップページへ