伊奈町の食べ物屋さん(番外編)


池袋駅東口  “がんこ”





 池袋東口サンシャイン通りをサンシャインビルに向かって歩き、JTBの交差点の次の交差点を右折して40m程のT字路に がんこ はあります。本当の名称は「元祖一条流がんこ総本家」なのかも知れませんが、私は「がんこ」で通しています。

 ひかり横丁にあったときとはまたまたバージョンアップしているとの噂を聞き同僚との入店でした。
 何度も店前は通り過ぎていましたが、何日かに一度はスープの不出来で?店を閉じています。「がんこ」です。
 店内は6人入るのがやっとで、あの店主と面と向かわなければならない狭さです。

 食券で醤油ラーメンを頼みます。と、カウンターに置いた食券を見てオヤジさん(ホントは家元か?)が「中盛りでイイよね、蟹アレルギーは無い?」の一言。私はもちろんOK。別のお客が「並でお願いします」と言うと「もう中盛り網に入れちゃったよ」で却下。男はみんな半ば強制的に中盛りのようです。

 高価な上海蟹の風味が効いた本日限定!のラーメンの出来上がる間にも、オヤジさんとの会話が進みます。ひかり横丁ではお客との会話が無かった。今は距離が短く客の顔が見えてイイ、とのこと。分家で熊谷のきくちひろきに何回も行っているとの話をすると目を細めて喜んでいました。店主の持論、考え方、人の良さが分かる話がたくさん出来ました。

 スープはまさしくこの店特有の塩っ気が最初に来ますが、今年は仕入れ値が倍額だという上海蟹の風味が効いていて甘みが後からやってきて美味しかったです。飲み終わった後、舌がしばらく痺れますがスープのガツン度は以前より収まっているものの、パンチはありました。
 オヤジさんの前では言えませんが、もう少し温度が高いと最高です。

 超太のストレート平打ち麺は歯ごたえ充分のこだわり麺で気に入りました。頼まないのに中盛りなのでボリュームも満点です。

 具には、海苔、メンマ、白ネギ、そしてすぐに崩れ落ちるトロトロの美味しいチャーシュー2枚です。


 上記でなく、通常のラーメンでもスープも昔ほどしょっぱめでなく美味しいです。味玉も味はしっかり黄身がトロッとしています。





ラーメン 700円

豊島区東池袋1−13−12

駐車場、無し


おいしいものに戻る




伊奈南通信  トップページへ