伊奈町の食べ物屋さん(番外編)


池袋ひかり町  “ひなの” “閉店”





 池袋東口の新名所、サンシャイン通りから枝分かれした小さな路地に、こだわりの7軒のラーメン屋が集まって「ラ−メン名作座」ができました。そのうちの1軒が ひなの です。

 「ラ−メン名作座」には何度か来ていますが、はじめて雨の降らない日の入店です。ひなのらーめんを頼みます。

 スープは、一時期流行の豚骨醤油を薄口にした感じで、塩辛さも少なく飲みやすくなっています。ただ、ほんの少しだけえぐい感じがしましたが、私だけの食感でしょうか?。

 麺はストレートの中太麺で、ほのかに緑色をしています。不思議に思ったのですが、麺に、今流行の「大麦若葉」を練りこんでいるとのこと。ビタミンミネラル、酵素もバランスよく含まれて、身体にはきっと良いことでしょう。


 テーブルの上には、食べ放題の壺漬(漬物)、スープ状の醤油にんにく、おろしにんにくなどもありますが、白ゴマの容器と小さなすり鉢が置いてあります。麺を幾分か食べた後に、醤油にんにくを入れ、「最後まで飲めるスープ」だけになった後に、すり鉢に適当な量のゴマを入れ自分ですって入れます。粗くも細かくも好きにできるのです。
 また違う味も楽しめて、女性店主らしい良い企画かと思いました。




ひなのらーめん 700円(食券) (040406)

池袋サンシャイン通り ひかり町
03−3986−2327

 駐車場はありません


おいしいものに戻る




伊奈南通信  トップページへ