伊奈町の食べ物屋さん(番外編)


池袋ひかり町  “いち彦じゃん” “閉店”





 池袋東口の新名所、サンシャイン通りから枝分かれした小さな路地に、こだわりの7軒のラーメン屋が集まって「ラ−メン名作座」があります。そのうちの1軒が いち彦じゃん です。

 チャーシューが気になり、いち彦じゃんらーめんを頼みます。

 千葉県野田市の醤油問屋の息子さんが全国を回ってこの味にたどり着いたという醤油スープは、大昔、野田醤油第7工場で味わったような奥深いもろみの風味がしていましたが、若者にウケをねらった?感じのユズの香りとの組み合わせが、どこまで受け入れられるかが勝負だと思います。

 スープが絡む中細麺は、シコシコしておいしかったです。

 具は、ちょっと味が濃い目でプリプリの大ぶりチャーシュー、メンマ、糸唐辛子、万能ネギと白ネギ、そして揚げレンコンです。
 揚げレンコンは、パリッとした感じが無く、汁に馴染むほどねちっとした堅さが出て好みにはなれませんでした。


いち彦じゃんらーめん 800円 (040701)

池袋サンシャイン通り ひかり町
03−3987−1613

 駐車場はありません


おいしいものに戻る




伊奈南通信  トップページへ