伊奈町の食べ物屋さん(番外編)


池袋  “黒田武士”





 池袋の豊島区役所真向かいの路地に 黒田武士 池袋店があります。蓮田でも何回も食べていましたので気軽に入りましたが、大変なことになりました。

 いつものように博多ラーメンを頼んでいればよかったのですが、目に付いてしまったハバネロラーメンの食券を買ってしまいました。

 スープは、それ自体もカプサイシンがタップリ混ざったタバスコを注いだように表面の油が橙色をしたトンコツ味です(ホント、これ自体で相当辛い)が・・・その上に、更にハバネロという恐ろしいものが乗っていたのです。実はこの時までハバネロの存在を知りませんでした。
 「メキシコ産の唐辛子」だった小さくフニャフニャなその物体は、丼の中央にちょこんと乗っていましたので、このスープの辛さを抑えるためのフルーツか添え物だと考え、2.3口スープをすすってから、原形をとどめないほどにレンゲの中で粉砕しスープに溶かしてしまいました。(一気に食べなくて良かったぁ)

 その後のことは想像を絶します。初めての経験でしたが、ハバネロは、唐辛子なんか目でもないというタバスコの、更に10倍から50倍もの辛さを誇っている、というではありませんか。
 その辛さがギネスに載っているものもあるとか。とにかく20分以上、唇も含めた口の中全体がヤケドしてました。

 麺は、細いストレート麺です。

 具には、これこそ辛さを軽減するであろう煮玉子半分とモヤシ、そしてキクラゲと揚げニンニクとネギがあります。

 水を少し多めに飲んだせいか体に良かったのか?、腹痛などは全く起こしませんでした、が、390円の博多ラーメンに300円近く追加して唐辛子を食すという素晴らしい経験でした。


 
ハバネロラーメン 680円 (050428)

東京都豊島区東池袋1−39−20


駐車場は無し


おいしいものに戻る




伊奈南通信  トップページへ