伊奈町の食べ物屋さん(番外編)


伊奈羽貫 “ふるや”






 埼玉新都市交通線の終点、内宿駅から埼玉県民総合活動センター(通称「県活」)に向かい、県活前の通りを左に進んですぐに ふるや が出来ました。
 “フライ”と“焼きそば”の真っ赤なノボリや暖簾が目に付いたので、最初は晩御飯のおかずを購入するつもりで立ち寄りました。

 なんと“フライ”は行田名物の、あの“フライ”でした。行田では道路端などで数軒のフライを経験しましたが、行田でも各店ごとに違いがあるようにこちらのフライも、また違った感じの味です。

 写真のような店なので、店の中で食べることは出来ませんので、家に帰って包みを開いていただきましたが、電子レンジで暖め返した結果、2枚折りのかなり大きなお好み焼き風で、ホクホクで旨いのです。

 メニューは少ないのですが、他に焼鳥や焼きそばサンドなどもありましたので、軟骨と鶏もも、かしら、軟らかくて油が絶品のカワの塩焼きを持ち帰りました。

 カワとかしら、特に軟骨は、これだけはウルサイ?家族にも大評判でした。(おかげさまで?よく通っています)





フライ 350円 (040828)
焼鳥 各120円

伊奈町小針内宿883−5
048−728−1414

駐車場はありません



おいしいものに戻る



伊奈南通信  トップページへ