伊奈町の食べ物屋さん(番外編)


東岩槻  “紺のれん”





 東岩槻の諏訪公園近くの広い道沿い、以前は「ラーメンらんど」だった場所に 紺のれん はあります。“地獄の何丁目”とか言う「激辛ラーメン」を食べに何回も家族で通いました。長芋がアクセントに乗っていて旨い部類の辛口ラーメンだったと想います。
 メニューに激辛ラーメンとあったので主人に聞くと、同じ系列の店とのことですが雰囲気は全く違っています。今回は食しませんが、激辛ラーメンも内容は以前の店とは違っているようです。

 しょうゆ、塩、味噌が選べますが、塩の排骨(パーコー)拉麺を頼みます。

 塩スープは、背脂がかなり厚く浮かんでいて、パーコーの油と絡んでちょっとしつこい感もしましたが、塩加減と鶏・野菜を中心とした甘みも含んだ味は、まずまずでした。

 麺は中太で、ツルツルシコシコでおいしかったです。

 具には、ナルト、カイワレ、メンマが乗っています。肝心のパーコーは、肉薄ではありますがスパイスの抜けたフライドチキンのような味(醤油の焦げ加減が良い?)がしっかり付いていて好みでした。


塩排骨拉麺 780円 (040614)

埼玉県岩槻市上里2丁目1−3
048−794−2117

駐車場は店の横奥にも出来て7台くらい?


おいしいものに戻る




伊奈南通信  トップページへ