伊奈町の食べ物屋さん(番外編)


片貝  “大野屋”





 九十九里波乗り有料道路の北側の始点(終点)、片貝海水浴場に、海の家 大野屋 はあります。

 もう20年も前から、大蛤(はまぐり)を食べに通っているのですが、今回は団体で押しかけました。

 久しぶりのラーメンを頼みます。

 無化調にはさんざん騙される素人なので、まったくこだわらないのでイイのですが・・・スープは、ホントに素朴な野菜・鶏がらしょうゆ味で、無化調好みのラーメン通?には最悪の味かもしれません。

 通うたびに、大ハマグリを焼いて、その身と汁を写真のようにラーメンの上に乗せ、注ぎます。
 これがホントにうまい!! 無化調!です。

 麺も細麺で、スルスルいけます。

 具のワカメ、メンマ、チャーシューも、海の家の中では本格的な「ラーメン料理」といえると想います。ひとつ難点は、調理用の火力が弱く、スープが少しぬるいことでしょうか。





ラーメン 600円 (041212)
焼きハマグリ1個 500円

千葉県山武郡九十九里町片貝6928
0475−76−2098



おいしいものに戻る




伊奈南通信  トップページへ