伊奈町の食べ物屋さん(番外編)


奈良県葛城市  “かつ”

地図は




 近鉄南大阪線の当麻駅から西(道なり)に500mほどの場所に當麻寺交差点がありますが、その角に かつ はあります。曷に鳥と書いて「かつ」と読ませます。ヤマドリの意味と葛城市の意味をかけているのかと勝手に想像してしまいますが、場合によっては化け文字になるので、ここでは「かつ」と書かせてもらいました。

 親しい方に紹介されての入店です。20数人座れる和食の定食屋さんのような店内は、ちょっと立ち寄った仕事人達でも落ち着いて昼が食べられそうな雰囲気に作られています。

 遅い昼だったので、ランチメニューの「唐揚げセット」を「塩ラーメン」との組み合わせで頼みます。

 スープは、塩と言うよりもトンコツと言った方が良いほど、白みその味噌汁ように濁っていて甘さと塩気の微妙に絡み合った塩味です。と言うか、やはりトンコツ塩味と言った方が良いでしょう。

 細めの麺はストレートに近い縮れ麺で、コシもあって美味しいと想います。

 具には、ワカメ、メンマ、コーン、細くシャキシャキのモヤシ、小さく切ったバターとバラ肉のチャーシューです。
 バターは塩の甘さと香りを良くするため使用しますが、コーンでより甘さが強くなってしまいます。コーンではなく、糸唐辛子に換えると赤という彩りとささやかなインパクトが増すと想いました。

 以上の他に、ご飯と香の物、キムチ、そしてキャベツの添えられた唐揚げが3個。この唐揚げが非常に柔らかくジューシーで気に入りました。ラーメンの汁を味噌汁代わりにしてドンドンいけてしまうセットでした。
 ですので、当然のようにラーメンの汁まで全部戴いてしまいました。満足です。


唐揚げセット+塩ラーメン 890円 (050625)

奈良県葛城市当麻385−2
0745−48−3664

駐車場は店前に上手く入れて5.6台


おいしいものに戻る




伊奈南通信  トップページへ