伊奈町の食べ物屋さん(番外編)


川越  “日高屋”





 川越市内を南北に突き抜ける254号線下り線沿いで、宮元町交差点を南へ500mのところに NEW日高屋 はあります。390円の安さに、気軽に上尾やさいたま市内で食べていましたが、同じ系列でなんと驚愕の300円の店ができました。

 中華そばを頼みます。

 「安全でそこそこに旨ければどんな業を使っても良い」と常日頃考えていますので、鳥の味が濃い透き通ったここのスープも、十分に許せる範囲内と言ってよいと想います。この料金の倍なのに負けてしまうラーメンも多いのではないでしょうか。

 細目の縮れ麺も、コシがあってなかなかです。

 さすがにチャーシューは小さいのですが、ナルト、メンマ、海苔が乗っての安さに参りました。

 この安さに思わず、ネギチャーシュー丼250円を頼んでしまいましたが、ちょっと甘めに煮込んだチャーシューが塗してある小ぶりの丼で、やや高めの雰囲気でした。ご飯にも汁がかかっていて甘辛く、ちょっとしつこいかな、と言う感じもしました。
 これら昼時のセット商品が利益を出しているのでしょう。店の作戦に、うまく乗ってしまいました。





中華そば 300円
ネギチャーシュー丼 250円 (040225)

埼玉県川越市宮元町65-3
049-227−0290

駐車場は店前、横に広い



おいしいものに戻る




伊奈南通信  トップページへ