伊奈町の食べ物屋さん(番外編)


川越 “きむらや”





 16号国道を、バイパスから川越方面に向けて旧道を直進すると、すぐ国道254号線を越え、そこから100mほどで きむらや はあります。かなり前から気になっていました。

 支那そばを頼みます。

 支那そば(中華そば)は、まさに王道を行く形のラーメンです。しっかりした肩ロースのチャーシューが2枚、ほうれん草の代わり?のカイワレ、ナルト、メンマ、海苔、そして味付け煮卵に刻んだ大量のネギが乗っています。
 なんとも得した気分になれます。

 麺は、縮れた中細麺です。スープは、あっさり系で、ちょうどそうだったのか薄味でした。と言うより物足らなかったです。

 休日はもちろん、平日昼にも外回りの労働者の心をつかんでいるらしく、いつ通っても混雑している店です。


中華そば 600円(0210)

川越市小仙波町2−22−1
049−225−3318

駐車場は、店の前に広くあります


おいしいものに戻る




伊奈南通信  トップページへ