伊奈町の食べ物屋さん(番外編)


栃木県小山市  “きんしゃい”





 国道4号線を北上、県境の利根川を渡ると栃木県の 小山市です。ほんの少し走ると奥州街道(4号)沿いに  きんしゃい はあります。

 博多弁で おいでなさい の意味だったような気がしますが、とても目立つ看板と 夜中もやっていることもあって、通過のたびに入ってみたいと思っていた店でした。
 案の定、昼時はかなりの混みようでした。博多麺屋さんでわざわざ醤油ラーメンを 頼んでみましたが、スープはとんこつ醤油で、一旦寸胴から出したスープを肉野菜を 入れた中華鍋の中で煮詰めて、さらに出汁を取っている様子。そのスープを丼に移し、 茹で上がった麺を移し、残った野菜を乗せる。これがこの店の醤油ラーメンでした。

 スープはしつこいくらいニンニク味で塩気も濃厚ですが、のせられた大量の青ネギが そのしつこさを中和してくれるって感じかな、でもないかぁ。かの有名なニンニク げんこつラーメンより、酸味が弱い(少ない)部類でしょうか。すべてを飲み干す 自信はありませんでした。麺はかなり茹で時間が長かったようですが、そこそこの こしがあって、まあまあだと思います。


ラーメン 490円(税別)


おいしいもの に戻る




伊奈南通信  トップページへ