伊奈町の食べ物屋さん(番外編)


喜多方  “食堂なまえ”





 久しぶりに喜多方に行く機会ができたので、喜多方駅の駐車場に車を止め、自転車で なまえ に向かいました。

 こんなにも味わいながら麺を食べるきっかけになったのは、この店のおかげ?ような気がします。15年以上も前に家族でこの地に訪れた際、ラーメンを食べる目的で数店寄った時に、冗談のような名前に惹かれて偶然立ち寄った店ですが、その後も仕事上の接待や、思い立って高速を走らせて来てしまったりと10回近く食べています。
 30年前からの“飲んだ後だけの支那そば好き”を“ラーメン単体好き”にしたのは、この店と別のもう1軒の店と結論付けてしまっています。
 が、最近は来る機会も無く、ほんとに久しぶりになりました。

 ちなみに食堂なまえの“なまえ”は、生江という苗字をそのまま平仮名読みしただけですが、この辺りには多い名前?のようで町の北には“生江食堂”もあったと思います。

 10時の開店とともに、おばさんの元気な姿を確認し、いつごろメニュに加わったのでしょうか、“極太手打ちラーメン”を頼みます。

 底まで透き通るようなスープの上品さは相変わらず?で、ちょっとだけ塩味も薄めになった感じもしますが、白いメンマ、硬めでしっかりしたチャーシュー、ナルトとネギも全く以前と同じでした。

 麺は極太で、水団の実ようにモチモ感たっぷりです。

 おばさんとは数年来でしたが、多くの客を見ているにもかかわらず覚えてくれていただいた感動以上に、味を守っていてくれた気持ちが嬉しい、とお伝えしました。

 これからも健康に気をつけて、ここの地名のように末永く頑張ってください。




極太手打ちラーメン 520円(税込み) (040321)

福島県喜多方市字永久7693-3
0241-22-6294

駐車場は、脇に4.5台のスペースができました


おいしいものに戻る




伊奈南通信  トップページへ