伊奈町の食べ物屋さん(番外編)


福島桑折町  “江戸家”





 朝早く、福島市から4号線沿いに国見町に向かって自然豊かな桑折町を走っていると、左手に 江戸家 ラーメン、という何か怪しげな看板が目に付きました。朝7時なのに営業しているようすでしたので、通り過ぎてから急遽わき道に入り、戻っての入店です。

 店内に入ると、朝早いのでガランとしていましたが人のよさそうなご主人が暖房をつけ、暖かなお茶を運んでくれます。
 ラーメンを頼みます。麺は中細の縮れ麺で、歯ざわりも良くなかなかでした。

 ご主人いわく、スープは「東京ラーメン」とのことで、親方に伝えられた秘伝の隠し味(なんでも魚系らしい)を加えているとのこと。アゴかなとも想いましたが、不思議な味でちょっと違います。

 話し好きな主人で色々な事を聞き話をしましたが、最後まで味の秘密?は「わっかんないと想うよ」で、思わせぶりで終わりました。

 地元のすべての人には受け入れられない・・という細かな油の浮いたスープは、なぜかほとんど飲んでしまったのは不思議です。


ラーメン 500円

福島県桑折町谷地下割付1−15
024−582−6261

駐車場は敷地に10台ほど


おいしいものに戻る




伊奈南通信  トップページへ