伊奈町の食べ物屋さん(番外編)


熊谷  “よか楼”





 JR高崎線熊谷の次の駅、と言っても秩父鉄道の上熊谷駅になりますが、駅を下車して北に200m以内、きれいな星川と言う堀沿いに よか楼 はあります。

 さすがよか楼、平日の昼過ぎでしたがたいへんな混みようです。“らあめん”をたのみます。

 実は、7、8年前にも食べたことがありましたが、醤油の刺激が強く出汁の香りが打ち消されてしまっていたような気がして、我が家の評価はあまりよろしくありませんでした。

 今回は、私的にはリベンジ、店的には顧客が一人増えてうれしい状態で、結果的にお店が一番喜ぶ状態になったと想います。

 レンゲを使ってスープを口に運びます。久しぶりの味は前回より甘さが前に出ている雰囲気でした。
 相変わらずスープの量は多いので、沈んでいる手打ちで上品な柔らかさを持つ細麺をすくい上げて食べます。キラキラ光る麺と違って独特のツルツル感があります。が、以前はほんの少し太かったような気がしました。気のせいでしょうか?

 多くのスープを戴いてしまいましたが、舌の感覚のせいなのでしょう、途中からの味は、昔食べたときの醤油味がじわじわと戻ってきていました。
 コンセプトは変わっていなかったのですね。


らあめん 600円

埼玉県熊谷市本町1丁目248
048−524−5455

駐車場はなし?


おいしいものに戻る




伊奈南通信  トップページへ