伊奈町の食べ物屋さん(番外編)


京都  “本家第一旭”





 京都駅に夜行バスで着くと必ず寄る店があります。烏丸口から塩小路ではなく京都センチュリーの前を通る裏道で真東に向かい、南口に向かう陸橋に出たら左折、すぐの場所に 本家第一旭 はあります。
 隣の有名店が開いていない早朝でも、店内に入ると景気の良いかけ声があり店員とのやりとりが始まります。これが楽しい。店を出る人には高い声で“おおきにぃ、まいどおおきにぃ”の何人もの店員の声がします。
 これが朝5時から始まっているとのこと。いつも6時過ぎの早朝入店ですが、この時間から混んでいるので食事時間の光景が想像出来ます。

 ラーメンを頼みます。

 トンコツ100%のコクのあるスープは、結構クセになる味だと思います。油が多いのでしつこく濃厚なような気もしますが、意外にもあさりしていて臭みもありません。丼にたっぷりのスープですが、塩気もちょうど良いのでドンドン飲めてしまいます。

 スープに沈んだ細麺は、毎回ちょっと堅めにしてもらいますが美味しいです。

 具には、たっぷりの九条ネギ、もやし、メンマ、うまいチャーシューです。


ラーメン 600円 (05-)

京都府京都市下京区東塩小路向畑町845
075−351−6321

駐車場、無し?


おいしいものに戻る




伊奈南通信  トップページへ