伊奈町の食べ物屋さん(番外編)


さいたま市北区  “六文銭”





 JR高崎線宮原駅南側の「開かずの踏み切り」近くに 六文銭 はあります。週末とあって10人ほどの行列ができていました。
 余談ですが、並んでいる最中に、仕込みを施した大量のゲンコツ、アバラ、モミジ、チャーシュー用に糸で巻かれ仕込みされた10本ほどのバラ肉、等などが運ばれてきました。とてもきれいに処理されていて、すぐに寸胴に入れられる感じです。




 中華そばと「あつもり」を頼みます。

 中華そばは、しゃきしゃきの細麺にコッテリさっぱりのトンコツ醤油スープです。とろっとして塩加減は少々キツメながらも、ゲンコツの旨みと魚介、モミジの甘みなどで旨く調和をとっているようでした。
 池袋の大勝軒で修行をしたということですが、池袋と違って麺の量も程よく旨さの余韻が残ります。

 あつもりは、熱い汁と熱い麺のつけ麺で、中華そばとは全く違った汁のよく絡む太麺と甘めの汁のセットです。
 麺をつけて口に入れて数秒は麺が甘く感じられ、その後は小麦の味と食感を楽しむ時間になります。この流れが不思議でした。
 つけ汁が少ないので、その中にチャーシュー2枚やメンマ、海苔、トッピングで頼んだ味付け玉子(旨い)が入っていて、ちょっとゴチャゴチャした感じです。味玉は半熟ですので、麺の上で絡めてもおいしい気がします。麺の上において出しても良いのではないでしょうか?





中華そば 600円(税込み) (040410)
あつもり 650円

さいたま市北区宮原町3−262
048-653−3635

日曜定休

駐車場は無いも同然なので、隣の100円Pへ


おいしいものに戻る




伊奈南通信  トップページへ