宮代町  “正宗ラーメン”





 国道4号線から東武伊勢崎線姫宮駅に向かって1キロほど入った県道沿いに 正宗ラーメン はあります。
 幸手にあった時にも数回寄ったことがありましたが、あの店が無くなって心配していたところ宮代での開店との情報がありました。開店後しばらくしての訪問です。

 あの、鶏のインパクトを確かめたくて塩ラーメンを頼みます。と、目に付いた「赤鶏のタタキ丼」をセットにしてもらいました。

 スープは、運ばれてくるとまさに正宗の真骨頂、伊達地鶏のスープの香りがまずは飛び込んできます。啜ると、その香りが口いっぱいに広がります。
 甘さはあまり無いのですが、旨さが勝つスープでした。

 細麺は、甘くて美味しかったです。

 具には、メンマ、香りがある海苔、そして味はないのですが噛めば噛むほど旨さの出てくる大きなチャーシューでした。

 赤鶏のタタキ丼は、柔らかな鶏のタタキが数枚乗っているミニ丼です。少しタレがかかっているのですがタタキで味が薄いので醤油を少々かけて食べました。
 肉は柔らかいのですが、なかなか噛みきれないので口にいつまでも残ってしまい、好き嫌いが分かれると思います。





塩ラーメン 600円(タタキ丼セット800円) (071016)

南埼玉郡宮代町川端3−7−20
0480−31−2888

11:00〜22:00(水曜休み)

駐車場は店裏に5台ほど


おいしいものに戻る




伊奈南通信  トップページへ