伊奈町の食べ物屋さん(番外編)


那須塩原市  “とらや分店”





 高原地帯と言っても過言でない那須塩原市。この町を貫く東北本線の黒磯駅と那須塩原駅のちょうど中間の山寄に とらや分店 はあります。
 地元のお客さんに誘われての入店です。本当に目立たない場所にあるので、一見さんには全く分からないと想います。
 福島県白河で有名な(未経験の)「とら食堂」の分店で、平日でも順番待ち、週末は更に混み合うとの評判なのでご一緒の同伴者も初めてとのことでした。

 定番の手打中華を頼みます。

 開店して10年経った現在でも、スープは進化させているとのこと。大昔食べた「支那そばやさん」の懐かしいあのあっさりしたトリガラ基盤の中に、コクと風味を加えた味がします。途中で胡椒を少しふりかけて完飲です。

 麺は手打ちの細麺で、まばらな太さとツルツルした多加水麺の食感は絶妙です。

 具には、海苔、メンマ、ナルトとホウレンソウ、そして上等のチャーシューでした。

 機会を作って本店に足を伸ばしたくなりました。ごちそうさまでした。


手打中華 650円 (070414)

那須塩原市上厚崎439−5
0287−63−0098

駐車場は店前に広い


おいしいものに戻る




伊奈南通信  トップページへ