伊奈町の食べ物屋さん


大阪難波  らーめん“風土記”





 JR天王寺駅の駅ビルMio10階のレストラン街の一角に “風土記”はあります。
 香ばしい「たまゆ」入りこくうま塩味らーめんとある「四宝らーめん」に惹かれて入店です。

 塩味とありましたが、トンコツスープでどう見てもチャンポン系の感じでした。関東の澄んだ塩ラーメンとは全く違っています。が、「たまゆ」と言う焦がしニンニクなのでしょうか、ほのかで円やかな香りと味の油がかけられていてアクセントになります。
 「たまゆ」もアッサリしていている上に、スープもアッサリを選んで頼んだせいか、ホントに全てがアッサリとしていてスープは最後までいけました。
 塩は伯方の塩を使用しているとのこと。

 ツヤツヤ中太のストレート麺は、噛んだ瞬間、魚の香りがパーッと口に広がる不思議な麺でした。慣れてしまうとそうでもないのですが、魚が練り込んであるのでしょうか、とても気にかかる麺で美味しいです。

 具には、ワカメ、シャキシャキな食感のモヤシ、そして盛られたネギの上に少量の揚ニンニク、そして薄いのですが肉っぽい大きなチャーシューが2枚乗っています。


四宝らーめん 600円 (050620)

大阪府大阪市天王寺区悲田院町10−39
06−6779−9056




おいしいものに戻る



伊奈南通信  トップページへ