伊奈町の食べ物屋さん(番外編)


新橋  “餓王”





 JR新橋駅日比谷口から真っ直ぐ西に150mほど、新橋3交番前第二の交差点北側に 餓王 はあります。
 店の前に行くと、板に叩きながら麺を伸ばしていく“バシンッバシンッ”という麺打ちのすごい響きがしてきます。その音とガラス張りの麺打ちの光景に誘われての入店です。

 拉麺を頼みます。

 スープは鶏ガラ、豚骨を中心に、かなり甘めなので、野菜などもふんだんに入れて作ったものと想われます。少々濁った醤油味です。
 人によってはこの甘さは抵抗があるかもしれません。少し温めでもあります。スープの熱さによって麺の堅さ加減が変わってきてしまうからなのでしょうか、麺の太さ、状態からそんな思いも浮かびました。

 超?手打ち麺は、1本1本太さも形も同じものはありません。打ち機で伸ばしているのではないので、ザラザラ感がありますが、そのザラザラ?に汁がよく絡んで口に入ります。コシは無くうどんのようでもありますが、味はやっぱり拉麺でした。

 具は、ワカメにメンマ、大ぶりのチャーシューです。




拉麺 650円 (040826)

東京都港区新橋2−8−17
03−3503−7729

駐車場は無し


おいしいものに戻る




伊奈南通信  トップページへ