伊奈町の食べ物屋さん(番外編)


蓮田駅東口 “小京都”





 蓮田駅東口を線路に沿って北踏み切りに向け少々行った線路際の場所に、青竹打ち手打ちラーメン 小京都 はあります。東北線上りフォーム後方から目の前に見えるこぢんまりとしたお店です。
 蓮田で何で「小京都」という名前なの? これにはほろ苦いエピソードがあります。ネットで見た、と言えば渋々?教えてくれると想いますので主人から聞いて下さい。
 線路際に店を出して20年を経過した蓮田ではれっきとした老舗です。

 何年も前から時々食べていますが、「青竹手打ち」に新装開店以降も時々通っています。厨房が広くなり客席は狭くなりましたが、相変わらず常連さんが多くいる店ではあります。主人の飄々とした口癖「どこで修行したわけでもない、自己流なのでたいしたことはない。こだわりなんてない」は、謙遜か、まったくのウソで、けっこう頑固者です。

 ここの麺は、なんと言っても青竹での手打ちの特徴が前面に出ています。製麺機でこねたり切ったりしない、主人が自分で打って自分で切る自家製麺です。水は栃木県出流原の名水を使っているとのこと。通うごとに一つ一つ答えが出てきますが、なんとこだわっていることか・・・

 麺の太さは、人によって好みはあると想いますが、かなり細めに切っているので、器の中ではじけるように、絡んだりパラパラしたり均等でない感じがします。
 そして、そんな風に真剣に考えて悩んでいて早めに食べないと、確実に麺は伸びてしまいます。見ていても茹で時間はかなり短めです。

 具のカイワレ大根の辛味も、この細麺に合っています。スープは豚骨10、トリガラ5、野菜などを煮立てないで取るということで、以前と同じ濁りの無いシンプルな味でした。

 塩ラーメンは、塩の味加減と麺の絡み具合がマッチしていて、この店一番の「私の好み」です。





 いつもの主人のウンチクを聞きたくて(こちらが勝手にウンチクだと想っている)、久しぶりにたち寄りました。

 チャーシュー麺700円を啜ったあと、ラーメン談義に花を咲かせます。とにかく、このご主人、近辺のラーメン屋を食べ歩いて研究しています。が、決して知ったかぶりをしません。ガンコさもあって、嫌いな店は“嫌い”とはっきり言い切ります。イヤなものはイヤなので、テレビのラーメンチャンピョンから電話がかかってきたそうですが、断ってしまったとのこと。少し残念がっていましたが、いつものように謙虚で淡々とした態度に変化はありませんでした。

 チャーシューは薄いのですが、これでもかと浮かんでいて普通のラーメンの100円増しで頂けます。

 麺のまろやかさと喉ごしには人によって好みがあると思いますが、ハマリ始めると、季節ごとの温度変化や湿度変化によって微妙に味が違う、この店の麺に魅力を感じられると想います。

 青竹踏みは凄い労力が要ることのようで、見るに見かねた女将さんから「もう止めたら」と言われることも多いとか。いつまでも続けて欲しいのですが・・・

ラーメン 600円
塩ラーメン 600円
チャーシュー麺 700円 
(070406)

蓮田市東5−1−2
048−768−2854

駐車場、なし



おいしいものに戻る




伊奈南通信  トップページへ