伊奈町の食べ物屋さん


森のミュージアム “VIENTO(ヴィエント)”

地図は





ケーキセットも充実の900円(このマウスガトーも絶品)


 緑の多い伊奈町で、より深く自然を感じさせる店が VIENTO(ヴィエント) です。

 造りも考えも新鮮で、とても清潔な店に、スタッフの優しい“いらっしゃいませ”の声が響きます。
 伊奈町小室(小室郵便局近く)の林の中に建てられ、“そこにあるという存在自体がリラクゼーション”の、コーヒーとパスタの店“森のミュージアム、Viento=ヴィエント=風”。

 伊奈町の森を、破壊的社会環境(法律や税制)や時代の流れから守るために造られた・・・そんな空間とのお話を聞き、開店まもなく始めて訪れました。そして時々“ひっそり”と訪れています。

 全て木造りの店内(とは、言いたくないほど)のしゃれた椅子に座ります。雰囲気は、喫茶店でもレストランでもない、まさに美術館です。各テーブルには可憐な花が活けられ照明もなかなかです。
 数年経った現在は、内装は同じなのですが、年月の重みが加わって大きな味わいになっています(店内に置かれたピアノも最高のインテリアです)。



 アリオ・エ・オーリオ(ベーコン入りペペロンチーノ)と、モカを頼みます。しばらくの待ち時間にはレモンの風味を楽しめる水で喉を潤せます。浄化がきちんとされていてとても美味しい水でした。無くなるころになると新しい味を注いでくれます。

 運ばれたパスタは、堅めでしっかりとした麺です。味はちょっと濃いかな?くらいの感じでしょうか。しかし、スライスされたニンンクと鷹の爪、レモン。オイルとスパイス、パスタ、それに味付けが上手く絡み合った感じは、“ここは田舎なんかではないぞ、自然界なのだ”との主張がありました。(この店の素晴らしい主張は、店内で100円で販売しているリーフレットに詳しく載っているようです)

 “モカ”も、焼けた苦さ、酸っぱさのない上品な味の、ひさしぶりに“旨い”と言えるコーヒーでした。

 静かな時間を見計らって、何回でも伺いたい気持ちになる“森”の一角です。

 年に数回、ヴィエントの森にて、採算度外視!の“風のサロン”が催されます。以前よりも回数は減りましたが、今年も、相変わらず有意義な催しが催されています。


アリオ・エ・オーリオ 1000円
コーヒー モカ 600円

伊奈町小室6093−1
048−722−1923

月曜定休( 11:00〜19:00(20:00) )
駐車場は“森”の中にたくさんあります

<ポイントカード>
1回来店につき1スタンプ、スタンプ12個ごとにいろいろなサービスがあるとのこと。楽しみが増えました。





“きのこたち”と“トマトソース”のスパゲティ


おいしいものに戻る




伊奈南通信  トップページへ