伊奈町の食べ物屋さん(番外編)


雑司ヶ谷  “梅もと”





 安産の神様として信仰を得る雑司ヶ谷鬼子母神のすぐ西側道路に 梅もと はあります。
 つけ麺が話題になっていると聞き、仕事ついでの入店です。狭い店内をすり抜け、靴をビニールに入れて座敷に上がります。

 どんなに大盛りを頼んでも食べきれば700円ということで、「いけるかなぁ」と呟きながら、でも気持ちよく3玉450gの「地球盛り」を頼んで待っていたところ、なんと「大盛りを作ってしまったんですがいいですか?」との言葉と共にテーブルには、どんと大盛りが運ばれていました。
 初めての店で急に応えを迫られたので、大盛りが300gだったことにも頭が回らず、「イっ、イイですよ」。・・・で、450gへの挑戦はあえなく300gに。この変更は今でも許せません。

 つけ麺のスープは胡麻ベースで、塩辛さと言うよりは甘めですが、味の薄さでか平凡な甘さのためインパクトはありません。
 中に煮豚を刻んだ具が入っていますが、具が目立ちません。冷めたスープの油分が多いためかしつこさが残ります。

 海苔の乗った細めの白い麺は、そこそこにスープを絡めて啜りやすいものでした。

 300gの大盛りは、まだまだ充分に余裕を残して完食しました。やはり地球盛りでした。


 後日、450gの地球盛りを余裕を持って完食。スープ割りを入れて汁も完飲。やはり銀河盛り600gに挑戦すべきでした?(失敗やルール違反は倍額だそうです)


 ひとつ気になったのは、作り手さんがスープをこしらえた時、同じスプーンを使って一口だけ味見をするんです。茹で上げた麺も必ず1本つまみ上げて啜ります。カウンターに座って何度も同じ光景を見ていて、美味さが半減でした。





つけめん大盛り各種 700円 (070604)

豊島区雑司ヶ谷3−7−10
03−3971−3858

駐車場はなし


おいしいものに戻る




伊奈南通信  トップページへ