グッピーの稚魚たち


ウィロモスの葉陰で集団行動





 グッピーの稚魚は、生まれてすぐ泳ぎます。ガラスに貼り付くオトシンクルス やプレコのように、目立たないところにピッタリとくっつき、じっとしています。運悪く隠れる 場所のないところで生まれてしまったり、隠れる場所が瞬時に見つからなかったりすると、他の魚 や仲間のグッピーの成魚に食べられてしまうか傷つけられてしまうのです。

 産卵場所が写真のウィロモスの中のような比較的安全な場所であれば、このように集団で行動し、 微生物やシュリンプの粉などを主食に見る見るうちに大きくなっていきます。そして、この ウィロモスの葉陰から離れるときが、成魚の証明になります。