伊奈町の農産物






民家のすぐ脇にゲリラ的農業?

 伊奈町には蓮田市との境に縦長で広い米作地帯があります。

遠くに見えるのが伊奈南の最北、栄6丁目の住宅群で、縦長に1から6丁目まで4区の自治会がつくられています。








伊奈南中央の丘陵地に梨

 栄町の西側のほんのちょっと小高い部分ではいろいろな作物ができます。

 一部には陸田もありますが、梨、ブドウ、栗などの畑が多く見うけられます。

 厳しい気象条件にも負けず、毎年みずみずしい梨が採れています。







田んぼの中のブドウ

 はっきり調べた事が無いのですが、ブドウって水はけとか何かの環境に左右され易かったのではなかったでしょうか。
 山梨県の勝沼や、一宮町では山の斜面の水はけの良い場所に、一面のぶどう棚があったのですが・・・水田で囲まれたぶどう棚にもちゃんとした実が成っています。

 この辺では私の親戚を含め“巨砲”も多く作っていますが、これが大玉で結構おいしいのです。
 是非、細田さんで分けてもらってみて下さい(宣伝)








点在する栗林

 この栗林は、自分の関係する栗林です。毎年多くの大きな実の栗を落としてくれます。
 栗は落ちたイガを割って取り出します。決して木についているものは採りません。

 今年もあの独特の匂いのする花がたくさん咲きました。

 贅沢な話ですが、実の成る季節には主食、おかず共に栗づくしで、毎年必ず閉口します。



へお気軽にどうぞ
伊奈南通信  トップページへ